スキンケア アレルギー

スキンケアとアレルギー

スキンケアでアレルギー?

 

増え続けるアレルギー疾患

 

今、世間では春や秋の花粉症をはじめ、ダニやハウスダストによる通年制アレルギー鼻炎、主食である米や小麦粉、蕎麦
から魚介類、果ては野菜や果物にまでアレルギー反応を示すために、精神的、身体的に苦痛を伴う不自由な社会生活を送
るだけではなく、場合によっては命に関わる人が増えており、さらに低年齢化していることが問題になっています。

 

今から30年以上前になりますが、小学校や中学校の給食は、先生も含めて全員が同じものを食べていましたし、それが原
因で救急車で運ばれる子もいませんでした。それが、今やどこの幼児施設や学校にも、除去食や代替食と呼ばれるものを
食べている子ども、あるいはお弁当を持参して食べている子が数名は見受けられます。

 

除去食

 

私の知り合いの子どもは、米・小麦・蕎麦にアレルギーがありました。通常の「主食」と言われる食品を全く食べることが
できなかったため、「芋」を主食に育てられ、今では小学校に通っていますが、ご両親や兄弟の苦労は並大抵ではありませ
んでした。また、肌に触れるとアレルギー反応を起す花粉と、食べることによってアレルギー反応を起す食物の関係も明ら
かになっており、食物アレルギーがある人は、肌からのアレルゲン吸収についても注意する必要があります。

 

アレルギー

 

スキンケアによって肌を健康に保つことで、アレルギーの発症を避けることができたり、またスキンケアを目的としたコスメ
でアレルギーを起すなど、コスメ選びは本当は慎重にしなければならないものです。しかし、「バルクオム」はアレルゲンと
なる成分を含んでおらず、テストも繰り返している天然成分コスメなので、どなたにも安心して使って頂けます。

リンク集

スキンケアとアレルギー記事一覧

「経皮吸収」と言う言葉をご存知ですか?人間の体は、ものを外からの体内に吸収する場合、口からの食べ物や飲み物などの「経口吸収」だけに限らず、皮膚からも吸収しています。肌に水分を与える化粧水や、軟膏などの薬剤が「経皮吸収」されるものになりますが、中には有害な毒性をもつ化学物質も含まれ、健康な肌が正常なバリア機能を持っていたとしても、付着した物質のうち0.5%は皮膚から吸収されます。花粉などの分子量が大...

「金属アレルギー」と言えば、「そんなアレルギーあるの?」という方もいますし、「腕時計とかアクセサリーね?」という人もいます。しかし、皆さんがいつも使っているコスメでも、金属アレルギーを起こす物質が含まれているものがあります。メイクに使用するコスメには、酸化鉄や酸化チタンが含まれているものが多数ありますので、これにアレルギー反応を示す人が出てしまうのです。昔々のメイクアップに使用されていた白粉には鉛...

見ているだけでは「きれい」だと思えるこの光の環、実は花粉症に悩む人にはとてもおぞましいく、恐ろしい現象です。しかし、意外と知られていないこの光の環が「花粉光環」です。空気中に大量に飛散する花粉や黄砂などが障害物となって光を屈折させているため、光源を中心に様々な色の光の環ができる現象で、「花粉光環」と呼ばれています。つまり、大量の花粉や、黄砂などの微細な浮遊物が空気中を漂っているサインです。むき出し...