メンズスキンケア 現状

スキンケアの現状

今まで多くの男性が縁がなかったのですが、メンズコスメと言えば、メイクアップではなくスキンケアがメインです。
それは、唯一外気と接触し、常に刺激を受けていて、かつ人の最大の臓器である肌の健康を維持するという機能のほ
かに「爽快」とか「爽やか」なイメージももたらします。しかし、誤ったスキンケアをしてしまうと、どちらも水の
泡・・・どころか、逆に肌のトラブルを招くことになりかねません。

 

天然成分の高機能メンズコスメで、今までスキンケアに慣れていなかった分、しっかり意味を理解して、肌男に負け
ないスキンケアを身に付けましょう。そのために安心して使えるおすすめのメンズコスメがバルクオムです。

 

 

知らなかった男のスキンケア

 

なぜ、スキンケアを行って、美肌を保たなければならないのでしょうか?肌の健康状態は、見た目に即反映され、
美しい肌は健康で、バリア機能に優れているからです。これは、「肌の機能美」とも言えるでしょう。

 

乾燥肌や脂性肌などの不健康な状態は、、ニキビなどのトラブルに発展し、外部刺激からのバリア機能を著しく
低下させる状態です。その結果、収縮したり、傷ついたりした角質の隙間に様々な刺激物が付着し、アレルゲン
などの経皮吸収という、望ましくない状況が生まれます。肌が潤いを保っていれば、角質は隙間が空く事なく肌
を守り、バリア機能を発揮します。

 

大正時代より、商品化されたコスメと言えば「女性のもの」でした。それは、顔を美しくメイクアップするため
のものですが、その仕上がりを左右するものとしてスキンケアが再認識され、進化しました。今では帰宅後、メ
イクを落として洗顔し、入浴後に化粧水で水分を補給し、クリームで栄養を与え、乳液で潤いを保つという、寝
る前のスキンケアが当たり前になっています。

 

対して、メンズコスメはほとんど普及することなく、髭剃り後のアフターシェーブローションしか知らない男性
が、最近までは当たり前の世界でした。それどころか、髭剃り後には乾燥肌に奥さんの乳液を塗って、「保湿し
たつもり」になっているのはまだ良い方で、「なにもしない」で洗顔だけで済ませている人が大多数!多くの男
性には、クレンジングオイルと洗顔料の区別もついていないのも、当然と言えば当然です。

 

ところが、実は男性の肌質は、女性と比べて乾燥しやすく脂質が多いことが解りました。つまり、水分が少ない
けどベタつきやすい!これが、男性の肌が「女性に比べてバランスが悪い」と言われる理由です。この様な肌質
を「乾燥脂性肌(混合肌)」と言い、理想的とされる「普通肌」の対極にあるものです。それに加えて、女性よ
り高い喫煙率と外食率の高さ、飲酒量の多さがバランスの悪さに拍車をかけていました。

 

さらに、スキンケアは毎日やっていても効果を感じるまでに3ヶ月ほどかかるため、面倒くさいことが嫌いな男
性に普及するはずがありません。思春期のニキビに悩んでいた時期でさえ、「洗顔料」に気を付けるのが精一杯
で、化粧水や乳液を付けて保湿なんて考えたこともなかったはずです。しかも、昔はスキンケア様のメンズコス
メなんて殆ど販売されていませんでした。

 

バルクオムは、簡単3ステップのスキンケアで、ニキビができにくい肌環境を作るため、新しいニキビを防いで
いるうちに、以前のニキビが自然治癒していきます。顔が次第にきれいになる様子を見て、ニキビの治療効果が
あるような口コミもありますが、実際には治療効果はありません。「肌を正常に戻す」これがニキビを作らない
メンズコスメ、バルクオムの効果です。

 

 

肌質の違い

 

洗顔

 

今まで、こんな洗顔をしていませんでしたか?

 

 ・朝、起きてすぐに冷たい水で洗顔する
 ・洗顔フォームや石鹸を泡立てずに顔に付ける
 ・ゴシゴシ強くこすって洗う
 ・脂っ気が無くなってスッキリするまで洗う
 ・タオルで濡れた顔を拭き取って終了

 

 

化粧水

 

今まで、使ったことありますか?

 

 ・化粧水を意識したことがない、使ったことがない
 ・アフターシェーブローンだけだった

 

 

乳液

 

今まで、使ったことありますか?

 

 ・化粧水と乳液の区別がついていない
 ・アフターシェーブローションで終わっていた

 

 

                             こんな男性がほとんどです。

 

今までの男のスキンケアは「間違い」と「知らない」の世界でした。

 

 

男の正しいスキンケア

 

では、男のスキンケアの現状を知ってしまった今、貴方はどうしますか?正しいスキンケアをすれば良いのです。全く難し
くありません。そのためのバルクオムです。20年前からは想像もできなかったメンズコスメの進歩と広がりは、環境の変
化に伴う「必要性」の認識によってもたらされたものです。それは、「モテルから」などということではなく、自分の体を
守るための要素が効果となって表れることが大きくなっています。

 

女性のスキンケアの目的は「保湿」ですが、男性のスキンケアの目的は「ニキビ予防」です。しかし、ニキビ予防の最大の
対策は「保湿」です。つまり、コスメの目的に男女の違いはありません。空気の乾燥や花粉、ハウスダストなどを気にしな
い時代から、さらに強力な紫外線やPM2.5などの新たな刺激物から肌を守る必要が生じ、男のエイジングケアアイテムとし
て必要な時に必要なものとしてメンのメンズコスメの機能を、活かしてみませんか?

 

せっかくメンズコスメを使っても、ケアの方法が間違えていると効果を発揮せず、却って逆効果になることさえあります。
しかも、その対象が「顔」であれば、どんなに困ったトラブルも隠せません。優れたメンズコスメを正しく使うことによっ
て、肌トラブルを治すのではなく、健康な肌を保つことで防ぐことができます。数あるメンズコスメの中でも、基本となる
「洗う」・「潤す」・「守る」効果の三本柱「洗顔」・「化粧水」・「乳液」についてご紹介いたします。

 

 

肌質を知ることから始める

 

自分の肌質を知ることは、自分の肌に合ったメンズコスメを選ぶ重要なファクターです。せっかくお気に入りのメンズ
コスメを見つけても、肌に合わずに却って顔の肌トラブルの原因となっていたのでは、本末転倒ですね?女性用コスメ
の場合は、対面販売が原則とされ、相談しながら購入することができましたが、メンズコスメには、照れくさいのか?
殆んど見られません。さらに、ネット通販が普及してきた現代では、スキンケアの意味を考えながら、自分の体は自分
で守る必要性がさらに大きくなっています。

 

夏は汗や皮脂で潤っているように見える肌も、紫外線の刺激を受けて、真皮から水分が蒸発する乾燥肌の状態になりや
すいため、注意が必要です。冬は冬で本当にカサカサの乾燥肌を実感し、春や秋は花粉や埃などの外からの刺激物から
からガードする必要があります。季節によって変化する肌質も、専門家に相談することによって、より効果的なスキン
ケアを行うことで、健康できれいな肌に戻しましょう。

 

肌質は大きく分けて4つ、誰もが理想とする「普通肌」、ベタつきやすい「脂性肌」、カサカサしやすい「乾燥肌」、
「脂性肌」と「乾燥肌」が狭い範囲に混在する「混合肌」です。誰もが理想の肌とする普通肌を目指してスキンケアを
行うために、今の自分の肌がどのタイプかを知ることが大切で、また季節や年齢によっても異なる肌の質をチェックし、
それに合ったスキンケアをすることが大切です。

 

 

自分で判断できない時は・・・

 

デパートやドラッグストアのカウンターで、お店の方に相談しましょう。これだけメンズコスメが普及してきた時代です。
何も恥ずかしがることはありません。水分量や皮脂量を測定する機器を持っているお店なら、瞬時に貴方の肌質が判ります。

 

 

スキンアナライザー

 

毎日メンズコスメを使用する中で、肌が回復してくれば、脂性肌や乾燥肌から普通肌へ近づいていき
ます。肌質が変わったな?と思った時も、遠慮なく再相談してみましょう。また、洗顔や化粧水、乳液
など、いくつかの種類を使用する場合は、効果が高いことと、トラブルを防止できることから、メーカ
ーやブランドを統一することをおすすめします。

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

年代別
メンズスキンケアも女性のスキンケアと同様、年齢とともに変化する肌質に合せて変える必要がありますが、加齢による変化の仕方は女性と男性では大きく異なります。
季節で違うスキンケア
スキンケアはいつも同じで良い?いいえ!実は違います。肌の状態は温度や湿度によって大きく変わります。なので、スキンケアも季節によって変える必要があります。
4つの肌質
肌質を知らなければ、正しいスキンケアはできません。 間違ったスキンケアは肌の状態をより酷くし、場合によっては回復までに長期間を要するまで悪化させかねません。 自分の肌質を理解して、正しいスキンケアを行いましょう。
皮膚の機能
皆さんの皮膚は、外界からの刺激から体を守るために、7つの機能を備えています。 スキンケアはその7つの機能を活かして、健康を守るためにも必要なことなのです。
洗顔のポイント
スキンケアの入り口は洗顔です。その洗顔が正しく行わなければ、汚れが残ったり、余計な皮脂を落としてしまったりと、肌に良い影響は与えません。 あなたに合った正しい洗顔を探してみましょう
化粧水のポイント
化粧水は、女性のメイクのように「きれいに見せる」ためのものではありません。肌に必要な水分を与えるためのものです。もちろん女性だけではなく、男性の肌にも必要なものです。
乳液のポイント
洗顔後の肌の乾燥予防のために着けた化粧水も、保湿しなければすぐに蒸発してしまいます。そこで、 化粧水で水分を補給した後は、乳液で水分の蒸発を防ぎます。バルクオムには乳液も用意されています。
髭剃りのポイント
多くの男性の毎朝の日課が「髭剃り」です。 肌を削り、刺激する髭剃りは、乾燥肌の大きな原因の一つです。できるだけ肌を刺激しないように、優しい髭剃りをご紹介します。