スキンケア 秋

秋のスキンケア

秋は、気温も湿度も下がって、人間にとって過ごしやすい季節ではありますが、肌にとっては要注意の季節です。精神
的にも落ち付き、肉体的にも楽になる事から、スキンケアの油断に陥りやすい季節となります。しかし、実際は夏に受
けた、紫外線と乾燥による肌へのダメージが残り、抵抗力が落ちているところへ、朝晩の寒暖差もあり、肌はさらなる
ストレスを受けます。

 

 

紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の肌の注意点

 

夏の暑さと湿度から開放されてホッと一息つきたい季節、本当に精神的にも肉体的にも楽になりますが、油断をすると
夏に近い気候と冬に近い気候が交代で肌をいじめます。おまけに身の回りにはアレルゲンとなる浮遊物も飛んでいます。

 

紫外線によるダメージ

 

 夏の強烈な紫外線は、肌の水分を真皮から蒸発させて、乾燥肌にするうえ、細胞を酸化させる原因物質である、活性酸
 素を発生させます。細胞の酸化とは、老化のことです。また、紫外線から肌を守るために生成されたメラニン色素は、
 肌の状態が正常でなければ、代謝によって排出されることなく、そのままシミ・ソバカスとして沈着します。秋の肌は、
 夏の間に強い紫外線を浴びてダメージを負っています。

 

 秋にはこのダメージを回復するために保水や栄養補給をし、来るべき乾燥の季節である冬に備える時期です。従来の保
 湿に加えて、ビタミンAやビタミンC、たんぱく質などの栄養補給に注力しましょう。この秋のスキンケアが冬の肌の
 状態に大きく影響します。秋は肌にとって一息つく時期ではなく、気を引き締める時期だと言えるでしょう。

 

 

外部環境への対応

 

 秋は、身体が暑さから寒さへ、短期間で対応を変えようとしている季節です。春と同様、夏も同然の2学期の始業式の
 日と、クリスマスキャロルが聞こえる頃では、季節は真逆と言えるでしょう。そのため心とは別に、肌は一種の緊張状
 態にあり、外からの刺激に対して敏感になっています。そこで、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが影響して、反
 応を示すことがあります。多湿から乾燥へ、僅か3ヶ月での移行に、人の肌は順応しなければなりません。

 

 また、秋もイネ科やキク科の植物の花粉が空気中を漂う季節です。こちらも杉や檜の花粉と同様、体内に入ったり肌に
 触れるとアレルゲンとなる物質のため、マスクなどの体内に入れない対策のほか、身体に付着した刺激物はきれいに洗
 い落としながら、肌のバリア機能を正常な状態に保って皮膚からの侵入を防ぐ必要があります。

 

 

身体の変化

 

 秋になると発汗量と皮脂の分泌量が次第に減ってきます。と同時に、空気はさらに乾燥していきますので、肌も乾燥状
 態になります。肌は乾燥しますと角質が収縮してバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなります。

 

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

春のスキンケア
寒さも終わってホッと一息・・・ 乾燥肌の季節を乗り切ったと思っていませんか? 実は、乾燥のほかにも肌にとって危険な要素が飛び交っているのが春なんです。
夏のスキンケア
「汗をかいていつも肌は潤っている」そう勘違いするのが「夏」です。実は夏も乾燥肌に要注意の季節でした。
冬のスキンケア
肌の大敵は何と言っても「乾燥」です。そして、肌を乾燥させる最大の敵が乾燥空気です。冬は空気最も乾燥する季節、スキンケア細大のやま場です。