写真撮影

写真撮影にバルクオム

バルクオムでカメラを選ばず

 

皆さんも大好きな芸能人がいると思います。俳優や歌手、グラビアアイドル、お笑い、一口に「芸能人」と言っても、
その内容は様々です。さらに、毎日テレビに出演している職業では、アナウンサーやキャスターという職業の人もい
て一部はタレント化しています。中にはパソコンで好きな芸能人の画像を探したり、写真集を購入していると言う人
も多いのではないかと思います。

 

 

芸能人の肌は?

 

しかし、テレビ番組でも写真集でも、芸能人の肌の一部がアップで映し出されることはありません。どんな芸能人も、
テレビに出演する際には「メイク」をしていますが、それでも隠しきれない黒子や肌荒れは見られます。と同時に、毎
日不規則な生活を強いられているため、一般人に比べて肌は厳しい状態に置かれている筈です。それを誤魔化すために
「メイク」をするの繰り返しでは、肌荒れの悪循環に入ったまま、抜け出ることができません。

 

何かの拍子にタレントさんの顔がドアップになった時に、「うわ!荒れてるな!?」とか、意外と「細かい黒子やアザ
多いな?」とか思ったことはありませんか?そこで、日常的にメイクをし、不規則な生活のリズムで肌にストレスをか
けている芸能人が選んだ上に、口コミでその良さを伝えているのがメンズコスメ「バルクオム」です。肌に厳しい環境
で生活している人の口コミは、実に説得力がありますね?

 

 

芸能人を撮影するときは?

 

デジタル時代の現代でも、「写真集」と言う紙媒体でたくさんの写真が発表されています。他にもCDのジャケットやポス
ターなど、芸能人が写真を撮影される機会はたくさんあります。そんな芸能人を撮影しているプロカメラマンは、どんな
カメラを使っているのでしょうか?ハッキリ言ってメーカーのシェアは、CanonとNikonの2大メーカがプロ用ハイエンド
機や、ハイアマチュア向け機種の90%を占めています。

 

その中でのシェアは52:48で、ややCanon優勢と言ったところでしょうか?それには以下の理由があり、そこが芸能人の
写真にも反映されています。

 

 

色に対する考え方の違い

 

   ・「白のCanon」「黒のNikon」と言われるほどの発色の違いがあります。
   ・肌の色はCanonの方がきれいに再現しますが、髪の毛の色の再現はNikonが優れています。
   ・全体的にCanonは暖色系Nikonは寒色系にデフォルトされています。

 

 

発色に対する考え方の違い

 

   ・Nikonは「見たまま」の色の再現を重視し、Canonは「美しい」と思われる写真を重視し
    ているため、Canonは若干「作られた感」があるビビットな発色となります。

 

 

描写力の差

 

   ・Nikonは軍用光学機器メーカーとして誕生したこともあり、高い描写力を求められて来たこ
    とから、人物写真でも髪の毛1本まで忠実に再現できます。しかしCanonの方は若干劣り
    黒い髪の毛などは絵具で塗ったようなべったり感が出てしまう様に、細かいものの描写を苦
    手としています。

 

 

オートフォーカスの時間

 

   ・現代のデジタル一眼レフカメラは、プロでもオートフォーカス機能を使用してます。オート
    フォーカスが被写体にピントを合わせるまでの時間は、同程度のカメラを比較した場合、
    その差を体感できるほどCanonの方が早いです。特にスポーツカメラマンはピントが合う
    までの時間を重視するため、必然的にCanonユーザーが多くなります。

 

 

オートフォーカスの正確さ

 

   ・2社の同程度のカメラを、同条件で写真撮影した場合、Nikonのカメラはすべての画像でピント
    が合っていますが、Canonは撮影した写真全体の5%ほどにピンボケが生じます。Canonはスピ
    ード、Nikonは正確さを取ったということでしょうか?

 

 

カメラの丈夫さ

 

   ・カメラが丈夫なのは圧倒的にNikonです。Nikon機が故障したという話はほとんど聞きませんが、
    Canonの修理持込みは比較的多という事実があります。

 

カメラ

 

 

 

そこで人物写真はCanonを使う!

 

これでプロカメラマンの間ではCanonがやや多い理由がお分かり頂けたでしょうか?
ん?逆じゃないの?と思われた方、確かにそうですね?

 

ここまで読めば、Nikonのカメラの方がわずかですが優れているように思われます。
不思議ですね?

 

上の比較からCanonの特徴を並べてみると、

 

 ・白系の色を暖色よりにやや誇張して再現する
 ・描写力にやや劣る
 ・ピントの正確さには欠けるものの、ピントが合ったと判断するまでの時間が短い

 

丈夫さを除けば、このようになります。このうち、肌の色を暖かく、鮮やかに再現することは、芸能人などの
人物を撮影するのに適していることは誰でも納得できると思います。では、描写力に劣ったり、ピントが甘か
ったりすることがなぜ評価されるのか?ココが肌トラブルと関わってくるのです。

 

メイクをしても隠しきれない細かい黒子や、開いた毛穴、荒れた肌が優れた描写力でクッキリ写っていたら、
その後の修正作業は大変なことになります。しかし、そんな困った肌荒れや毛穴の開きが分からないように、
撮れていたら?後で修正の必要がある写真がグンと減ります。若干ピントが合っていない画像でも使えてし
まうかも知れません。

 

特に、スポーツカメラマン用のカメラは、コンパクトデジカメと比べてもプロ用にしては画素数が遥かに少な
く、「おかしいな?」とか、「なぜ?」と思う人もいるでしょう。それは、新聞や雑誌の写真は、肉眼でも分
かるドットで印刷されており、精密な描写を必要とせず、その分メモリーへの記録時間を短くして次の瞬間に
備えるためです。

 

 

バルクオムは健康な肌をNikonのカメラで撮影し、堂々と発表できる写真にできるほどの実力を備えた
メンズコスメです。芸能人が口コミで広げるのも頷けますね?

 

 

 

 

toppage

リンク集