バルクオム オールインワン

バルクオムはオールインワンではない

バルクオムはオールインワンではありません

 

バルクオムのメンズコスメは、洗顔・化粧水・乳液の3つに分かれています。なぜ、バルクオムは今トレンドの
「オールインワン」ではないのか?メリットとデメリットの面からその理由を考えてみましょう。

 

 

オールインワンコスメの機能

 

オールインワンのコスメには、多くの種類がありますが、代表的な機能として

 

●水分を与える
●保湿する
●化粧下地になる

 

                                 などがあります。

 

クレンジングオイルや洗顔料など、洗い落とすものは女性用コスメでもオールインワンは存在しません。また、
化粧下地には、肌を紫外線や乾燥から保護したり、ファンデーションが毛穴に詰まるのを防ぐ働きがあります。

 

 

オールインワンのメリット

 

まず、オールインワンのメリットについて考えてみましょう。今、お使いの方は、こんなところが気に入っているようです。

 

 

時間の短縮

 

 洗顔以降の全てが一つで済むので、化粧水→乳液→クリームの工程を踏まずに、1度で完了する。
 急いでいても、慌てずにスキンケアができます。でも、乾く前に外出すると、汚れが付着しそうです。

 

 

経済的

 

 オールインワンは、比較的単価が高く、1万円前後の商品が多いのですが、化粧水や乳液、クリーム
 などをすべて単品で揃えることに比べると経済的です。また、伸びが良いものは、使用量も少なく、
 更に経済的です。

 

 

刺激が少ない

 

 成分の話ではありません。乳液からクリームまでのそれぞれをその都度顔に塗る必要が無く、1回で済
 むので、指先やコットンでパッテイングしたり、摩擦したりの、接触による刺激を受ける機会が少なく
 なります。

 

 

手間がかからない

 

 化粧水や乳液など、単品の場合は、内容量や使用量に差が出て、それぞれの購入時期がずれたりしますが、
 オールインワンはそれが無いため、買い物の手間も省けます。

 

 

用途が幅広い

 

 美白、エイジングケア、肌荒れなど、様々な美容成分が配合されているため、幅い広い用途に使用できます。

 

 

オールインワンのデメリット

 

何にでも、メリットがあればデメリットもあります。日ごろからこんなデメリットを意識してますか?
最初からオールインワンを使わない人は、こんなことを理由に挙げています。

 

 

効果がそれなり

 

 多くの機能を幅広くも備えているだけに、オールインワンの効果は「広く浅く」の傾向があります。特に
 化粧水の浸透力は、単独の商品と比べて、はるかに劣ると言われています。

 

 

肌に合わせた調整ができない

 

 日々変化する天候の状況、肌の状況に合わせて、化粧水を多めにしたり、乳液を少なめにしたりなどの、
 効果の表れ方による使用量の調整ができません。

 

 

非経済的

 

 メリットのところでは、「経済的」であると書きました。そこで終わればその通りです。しかし、そこで
 満足できない状態になった時、例えば空気がひどく乾燥して、肌に水分を補いたい場合には、やはり単独
 の化粧水が欲しくなります。また、保湿成分がベタ付いても、乳液だけを変えたりできません。

 

 

ベタつき、パリパリ

 

 オールインワンの多くは、塗った後のベタ付を強く感じたり、時間が経過するとパリパリした感じになること
 があります。

 

 

自宅にいて、洗顔から始まる日常のスキンケアは、いつもの化粧水から乳液での単品でのスキンケア、オールインワン
は、時間が無い時や、出張、緊急時の補助用として携帯しておくのが便利なようです。例えば、悪天候や急な欠員などで
スケジュールが大幅に変更となる、キャビンアテンダントさんなどは、いつも非常用にオールインワンを携行しています。

 

 

バルクオムは以下の3つの理由で、オールインワンにしていません。

 

1.洗顔から保湿まで短時間、わずか3分の3ステップスキンケア
2.メイクではなく、スキンケアのために、しっかり効果を上げる
3.化粧下地などの効果は不要

 

やっぱり高機能のメンズコスメ「バルクオム」ですね?

 

 

公式サイトへ

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

口コミ
バルクオムは、ユーザーさんよりたくさんの口コミが寄せられており、その高機能と安全性を伝えてくれています。 皆さんも是非バルクオムを体験してみてください。