紫外線 対策

紫外線の話

紫外線の影響は?

 

お肌の大敵と言えば、冬は多くの方が「乾燥」」と答えるでしょう。そして、夏なら「紫外線」という答えが、ほぼ100%
になると思います。なぜなら、紫外線は体内でメラニン色素を生成させる原因となっていることは皆さんご存知のとおりで、
それが肌に定着すると、シミ・ソバカスなどの消えにくい肌トラブルとなります。しかしそれだけではありません。夏は肌
が強い紫外線の刺激を受けて、真皮から水分を蒸発させ、一見しただけではわからない乾燥肌を作っています。

 

しかしこれは、一見すると肌が身体から分泌される汗や皮脂などで潤っているように見えるため、意外と実感されていない
ためか、知っている人は少ないのが現状です。つまり、紫外線はシミ・ソバカスにも乾燥にも良くないものです。紫外線は、
体内でビタミンDを生成するために必要なもので、昔は母子健康手帳にも「日光浴」の項目がありましたが、今では害の方
が大きく、日光浴の項目は削除されました。

 

適切な量の紫外線を浴びつつ、体を守るためにはどうすれば良いか?そんな紫外線から身を守るために、少しだけ勉強して
みませんか?意外と知らないことが多いと思います。

リンク集

紫外線の話記事一覧

紫外線は、体内でビタミンDを合成するために浴びることは必要なものです。早朝に出勤し、日没後に帰宅し、ほぼ1日中デスクワークなどの室内でお仕事をされている方は、極度に紫外線を浴びる機会も時間も少なくなり、ビタミンD欠乏症となることがありますが、紫外線を浴びる必要時間は、季節や場所によって異なりますが、概ね15分〜30分なので、それ以上の時間は紫外線を遮断しておきたいものです。脱毛と髭剃り女性の方で、...

春から秋にかけて強烈になる「紫外線」適度に浴びる事は、体の成長・維持に必要な事ですが、近年ではオゾン層の破壊に伴ってその脅威が大きくなっています。強すぎる紫外線は、目に見える「可視光線」の波長が短い方の外側にある光線です。紫色に見える光線の外側にあるので「紫外線」なのでしょうか?さらに波長が短くなると、X線やガンマ線となります。X線やガンマ線は物体の透過率が高く、放射線の部類に入ります。A波〜C派...

私たちは、外出すると、必ず日焼けします。お天気の良い日だけに限らず、曇り空でも同じです。日なたに出るということは、紫外線を浴びることです。紫外線は、体にとって有害なイメージが強いのですが、適度な紫外線を浴びることは、体に必要なことなのは間違いありません。。最もお手軽に紫外線を浴びる方法は「日光浴」です。この日光を浴びることによって、私たちの体は1.ビタミンDを合成します。2.新陳代謝や体温調整を行...

毎年コスメメーカーが実施している「美肌県グランプリ」が2018年にも開催されました。これは、各県在住の幅い広い年代の女性を対象に、肌質を左右する5大要因である水蒸気密度・日照時間・生活習慣・肌荒風・毛穴熱風をベースに、肌の状態を示す6項目を偏差値化して順位を決めたものです。2018年は、2位と3位が入れ替わり、島根県が前年の6位から1位にランクアップしました。一方、お隣の鳥取県は前々年3位、前年3...